肥満の治療には専門外来が一番|個別プログラムで無理なく減量

女医

早期発見のポイント

医者と看護師

日本では諸外国に比べて胆管がんによる死亡率が非常に高くなっています。最近では有名な女優が胆管がんが原因で亡くなり世間の病気に対する関心度が増しましたが、まだまだ詳しい症状などについて知っている人は多くありません。胆管がんは年齢が上がるにつれて発症リスクが高くなるので初期症状や原因、治療法などを知っておき今後発がんしないための対策を行ないましょう。
胆管がんの初期症状として分かりやすいものが黄疸です。皮膚や白目の部分、口腔内の粘膜が黄色に変色したり、尿や便の色も目に見えて変化します。黄疸は、がんの腫瘍によって胆管が塞がれるために胆汁が体内に溜まり、胆汁の色素が血液を経由して全身に回ることで発生します。黄疸が現れた段階で病院を受診すると胆管がんの早期発見に繋がる可能性がありますが、放置すると細菌の影響で発熱をしたり、体重が減少してやせ細ってしまうなどの症状が現れます。しかし黄疸や発熱、体重減少などの自覚症状で胆管がんを疑う人はほとんどいないので、発見が遅れてしまい気づいた時にはがんがある程度進行している状態になっています。胆管がんが起こる主な原因は胆石です。加齢や偏食によって胆石ができてしまい、発がんに至る確率が大幅に上がってしまいます。この胆石を早期発見するためには定期的に健康診断や人間ドックを受けることが一番です。特に五十代以降の年代の人は面倒臭がらずに病院で検査を受けた方が良いでしょう。また、万が一黄疸や急激な体重減少などの症状が現れたら、すぐに病院で診察を受けるようにします。